ところが、対するMacはどうかというと、さすがに統一されています。
アップルが長い間、サブノート・サイズ(B5判ノートパソコン)をつくらなかった理由の1つは、一定のキーとキーとの間隔(ピッチ)を確保したいためだったといわれています。サイズだけ小さくした打ちにくいMacを作るのは、彼らの美学が許さなかったわけです。

iPhone用に購入したアップルのWirelessキーボードと、MacBook Airのキーボードを比較してみると、サイズはほとんどいっしょ。キー配列も同じです。違いは、キーの深さです。携帯用であり、薄さを求められるMacBook Airのほうがやや浅い構造になっており、深い打鍵感を好む方にはやや物足りないかもしれません。もっとも、深い打鍵感が好きで、長らくThinkPadを愛用してきた私ですが、特に違和感は感じませんでした。浅いながらも作りがしっかりしたキーボードになっており、「たたいた」という実感は十分に得られます。

仮に私が自宅で大きな画面のマシンで作業をしたいと思った場合、iMacを購入するのが妥当でしょう。その場合、キーボードは、前述したiPhone用に購入したWirelessキーボードと同じものが付属されています。iPhoneとiMacでは、象と蟻くらいサイズは違いますが、使えるキーボードは同一なのです。
最近愛用しているMacBook Airのキーボードもやや浅い点を除けばほとんど同じ。
これはすごいことです。
アップルの場合、マシンを変えても、違うキーボードを使用擦る必要がないのです。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(ご意見・ご感想・ご用命はtakenaga@keieikyouiku.co.jpへ)

<次回に続く>