一般にクラウド・コンピューティングという言葉は、情報の同期化だけが取り沙汰されます。しかし、実際には、

「いつでもどこでも必要な情報を呼び出せる」

だけではなく、

「いつでもどこでも必要な情報を加工・更新できる」

ことも大切です。そのためには、

「いつでもどこでも同じキーボード(入力装置)が使える」

ということも必要なのです。そのほうが、ストレスなく、クラウド・コンピューティングの利便性を享受できるからです。

アップルの場合、Mac Pro、iMac、Mac mini、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iPad、iPhone、iPod Touchのいずれを使用する場合でも、ほぼ同一のキーボードを使うことができます。
こういう点に対する統一性こそ、企業としての長期的視点の現れであり、戦略的視点の具現化です。

最近、使用機会の減ったThinkPadですが、この製品もたいへん立派なコンセプトを守っている製品です。今や、ThinkPadのアイデンティティとなっている赤いトラックパッドですが、他のWindowsノートが、

「右向け右」

で一斉にトラックパッドに映っても、かたくなに赤いトラックポイントの使用を守ってきました。黒い筐体に赤いトラックパッドの新製品を見るたびに、トラックポイント・ファンは、安堵し続けてきました。
ThinkPadを使ったことのない方はご存じないかもしれませんが、キーボードのブラインド・タッチをする方にとって、ホームポジションから掌をまったく動かさずに、カーソルを自由に動かすことができるトラックポイントほど優れた入力装置はありません。マウスはもとより、タッチパッドでも、こんなことはできません。

「掌を離す」

ことは避けられない動作(無駄な動作)なのです。

現在愛用中のMacBook Airに対して抱いている僅かな不満の1つが、

「トラックポイント」

を搭載していないことです。これだけは誠に惜しいと思います。

「画竜点睛を欠く」

とは、まさにこのことです。アップルの皆さん、どうか、トラックポイントの搭載を考えてみてください。赤くなくても構いません。

「今だけ売れればいいよ」

といったIT機器ばかりを売ったり、買ったりしていては、本当のユビキタス社会、クラウド・コンピューティング時代の到来は先延ばしになるばかりです。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(ご意見・ご感想・ご用命はtakenaga@keieikyouiku.co.jpへ)

<この稿終わり>