MacBookAirを使うようになってから、ビジネス生活にいろいろな変化があります。
仕事とプライベートとの間が、よりシームレス化し、どこででも仕事ができるようになったことが最大の変化ですが、近頃、もう1つ大きな変化があることに気づきました。

それは…

「iPhoneを使う頻度が激減したこと」

なのです。ちょっと意外に感じる方が多いでしょうか。

一般に、MacBook Airに限らず、MacとiPhoneは相性が良く(同じアップル社製)、相互補完の関係にあると認識されています。

MacBookとiPadの組み合わせ、あるいは、iPadとiPhoneの組み合わせについては、機能の重複を指摘する声はかなり耳にします。MacBook AirがあればiPadはいらないでしょうし、iPhoneがあればiPadは持ち歩かなくても済むことが多いということでしょう。この点は私も同感です。

しかし、今日、私が申し上げたいのは、MacBook AirとiPhoneとのバッティング問題です。この問題を主張している方は、世の中にまだあまりいないと思います。

MacBook AirとiPhone。最強の組み合わせだと思われていますが、実際に併用してみるとわかりますが、かなり機能面でバッティングします。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(ご意見・ご感想・ご用命はtakenaga@keieikyouiku.co.jpへ)

<次回に続く>