4.ビジネス法務基礎研修

顧客との取引の際に必要な法律知識の基本を学ぶ研修です。民法や商法の基本と、契約書の書き方・読み方、印鑑の押し方、契約書の管理の仕方等について、演習しながら、講義を進めます。
コンプライアンス(法令遵守)を重んじる企業から、オーダーをいただくことが多い研修です。
最近では、商標法、不正競争防止法、著作権法といった知的財産法のついての知識や、労働基準法を中心とした労働法に関する知識、不正競争防止法、消費者契約法、特定商取引法、製造物責任法といったいわゆるマーケティング関連法についても研修のご相談をいただくようになりました。数年前とは大きく変わって、クローズアップされている分野です。

5.事業戦略策定・問題解決手法研修

これについては、弊社オリジナル手法であり、中小企業診断士の更新研修(法定研修)でも採用していただいているDREAを用いて、AD分析、重畳的AD分析、6分割SWOT分析、ゲシュタルト分析、拡張型ドメイン理論、7つの視点(7positions)、5分割VRIO分析等の使い方を、ショートケーススタディを用いて、ご紹介していきます。
「大学時代にSWOT分析は習ったことがあるが、本当の使い方は今日ようやくわかった」
という声を毎年いただいている研修です。
弊社では、本来、DREAは事業戦略策定法として開発したのですが、多くのクライアント企業で、問題解決手法として転用していただいていることを踏まえ、新入社員研修でも問題解決の手法としてご紹介することが多いのです。

<この稿終わり>

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮
(ご意見・ご感想・ご用命はこちらへ  takenaga@keieikyouiku.co.jp )