2011年4月のアーカイブ

行列のできる林檎屋さん

本日よりGWに突入。
今年に入ってまだ4か月ですが、本当に、本当に、いろいろなことがありました。
弊社では、2月が社を挙げての大忙しで、

「創業以来の忙しさ。3月になれば休めるぞ」

をモットーに頑張ってきたのですが、世の中一寸先はわからないものです。
大震災で仕事の予定は大幅に変更。
3月・4月の仕事の予定は、一夜にしてまったく変わってしまいました。

3月は予定していた法人様向けの講演や研修、打ち合わせやコンサルティングはこぞって延期。当然のことです。

4月に入り、クライアント企業2社様の新入社員研修を担当させていただきました。暗いニュースが飛び交う中、元気で、情熱あふれる若い方々とお会いでき、私自身、本当にエネルギーを頂戴しました。
偶然にも、各社とも5日ずつ私の担当があり、大変密度の濃い時間を初々しい新人の方々と共有させていただきました。
テーマは両社ともさまざまです。マーケティング、財務、法務、プレゼンテーション、戦略論、発想法等々。
ワークを進めながらさまざまなテーマにぶち当たります。
知恵を絞って、皆さん自身で乗り越えていただくことが大切です。
私に求められていたのは、インストラクターやアドバイザーといった立場ではなく、むしろ、コーチやファシリテーターとしての役割でした。
各社とも(これも偶然)、一昨日27日に先輩・上司の方々の前で、最終プレゼンテーションを敢行。両社の新人の皆様、いずれも、高い評価をいただけたようです。
皆さん、本当にお疲れさまでした。
まだ、入社してまもないのに、日曜日に集まってミーティングをしたり、夜遅くまでプレゼンの準備をしたり…と、本当に、自分の新人時代を思い起こすと、頭がさがる想いです。今の新人さんたちはすごいですね。
休憩時間に

「初任給は何に使うのですか」

と伺ってみると、回答は、皆様さまざま。
でも、ご両親に何かを送ると考えている方が多いようです。
これまた感心です。
中には、

「母にiPadを贈ろうと思います」

という方もいらっしゃいました。
このブログを参考にしてくださったのでしょうか。だとしたら、嬉しい限りです。
ちなみに、こんな回答をしてくださった方が、今年は複数いらっしゃいました。
お贈りするご両親がはじめてiPadをお使いになるのでなければ、何も新型のiPad2である必要はなく、旧型のiPad1でよいわけです。
量販店では、週末には3万円を割り込んで、たたき売りされていましたので、新人の皆様が初任給でご両親にプレゼントするにはもってこいの価格です。
店頭在庫が残っていたことをお祈りします。

27日で私の今年の新入社員研修業務は無事終了。
28日は、日本経済新聞社様で終日講演。以前にも、当ブログでご紹介したとおり、初心者の方向けのマーケティングについての基礎講座です。
前回は「満員御礼」どころか、座席がたりなくなるほどのお申し込みを頂いた当研修ですが、今回は、震災の影響で、残念ながら、お客様は激減。
やむを得ないところだと思います。
その分、お越しいただいたすべての方と名刺交換させていただくことができました。東日本の方は非常に少なく、西日本(九州・関西・中部等)の方が大半でした。
お忙しい中、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

講演の帰りに、丸の内から有楽町まで足を伸ばしてみると、なんと、Apple Store銀座の前に、長蛇の列が(200名ほど並ばれていたそうです)!
行列の先には、看板が…

「iPhone4ホワイト発売」
「iPad2発売」

おお! ダブルで発売だったのですね。講演のことで頭がいっぱいで、全然知りませんでした。
「まもなく発売」という記事は目にしていたのですが、29日(祝日)かなあ…などと勝手にたかをくくっていたのです。

「やられた」

という感じです。

で、私は買ったのか?

…もちろん

…と申し上げたいのですが、残念ながら、29日午後現在、購入にはいたっていません。
残念ながら、このゴールデン・ウィークは、4日まで全部、中小企業診断士受験対策講座の経営法務の特別講義を入れてしまいました。詳しくは、TBC受験研究会様のホームページをご覧頂きたいのですが、今日を皮切りに、

①会社法、②英文契約、③倒産法、④特許法

のセミナーを毎日開催しております。

午前中に講義したら、午後はその内容を即スタジオで収録。
今ようやく本日分を1本撮り終えたところです。
4日まで、ほぼ毎日、この繰り返しです。
それまでは、他のことは考えず、このセミナーに全力投球です。

ところで。
読み返してみますと、

「忙しくなければiPad2を買っていた」
「一段落したらiPad2を買いに行く」

と、とれそうなコンテクスト(文脈)ですね。

昨夜、事務所に戻ったら、スタッフからこんな一言が。

「え? 買って来なかったんですか? 竹永先生が買ってくると思ったから、私たちは、会社にいても、今日はiPad2に触れるよね…って話していたんですよ。」

おいおい。
今日は、非番で銀ブラしていたんじゃなくて、丸の内で終日講演していたっちゅうに…(-_-;)

もっとも。
部下の「期待」に答えるのは、上司の役割かもしれません。

はてさて。
買うか買わぬか。To buy or Not to buy…

それが問題です。

タグ

2011年4月29日

トレード・ドレス

すでに新聞やテレビなどで報じられているとおり、Appleは最近サムスン電子のスマートフォン(GALAXY S)とタブレットPC(GALAXY TAB)がiPhoneとiPadを模倣して特許権と商標権を侵害したとしカリフォルニア北部地方裁判所に訴訟を提起しました。

Appleは裁判所に出した訴状で、サムスン電子がGALAXY SとGALAXY TABの表面デザインと画面中アイコンなどがiPhoneやiPadと似ていて、全16件の特許権および商標権を侵害したと主張しています。

報道の中で、「トレード・ドレス」という言葉が使われていることに気づいた方も多いと思います。

トレード・ドレスとは、もともとは製品のパッケージを意味する言葉でしたが、現在では、製品自体の形状や装飾も含むように解されています。
パッケージに付される商標だけではなく、容器や包装の輪郭,大きさ、形、色、デザイン印象、感触,素材なども含まれる「商品の衣服(ドレス)」という意味です。

特定の「商品や役務」に使用して自社製品と他社製品を区別するために使用する「商標」や、デザインを登録する「意匠」や「商号」とは異なる概念です。
日本の不正競争防止法における「商品等表示」に近い概念です。

米国では、他社のトレード・ドレスの使用は法律で禁止されています。判例では、トレードドレスを「商品もしくは役務の全体的な外観若しくはイメージ」と広く解する傾向が示されています。

米国におけるトレードドレス保護のための要件は、次の3点です。
①識別力を有しているかどうか(識別力要件)
②混同のおそれがあることどうか(混同要件)
③保護を求めるトレードドレスが非機能的であること(非機能性要件)

本訴訟では、Appleのトレード・ドレス保護が認められるかが焦点となります。
たいへん気になる訴訟です。

タグ

2011年4月21日

新入社員研修トレンド講座③

4.ビジネス法務基礎研修

顧客との取引の際に必要な法律知識の基本を学ぶ研修です。民法や商法の基本と、契約書の書き方・読み方、印鑑の押し方、契約書の管理の仕方等について、演習しながら、講義を進めます。
コンプライアンス(法令遵守)を重んじる企業から、オーダーをいただくことが多い研修です。
最近では、商標法、不正競争防止法、著作権法といった知的財産法のついての知識や、労働基準法を中心とした労働法に関する知識、不正競争防止法、消費者契約法、特定商取引法、製造物責任法といったいわゆるマーケティング関連法についても研修のご相談をいただくようになりました。数年前とは大きく変わって、クローズアップされている分野です。

5.事業戦略策定・問題解決手法研修

これについては、弊社オリジナル手法であり、中小企業診断士の更新研修(法定研修)でも採用していただいているDREAを用いて、AD分析、重畳的AD分析、6分割SWOT分析、ゲシュタルト分析、拡張型ドメイン理論、7つの視点(7positions)、5分割VRIO分析等の使い方を、ショートケーススタディを用いて、ご紹介していきます。
「大学時代にSWOT分析は習ったことがあるが、本当の使い方は今日ようやくわかった」
という声を毎年いただいている研修です。
弊社では、本来、DREAは事業戦略策定法として開発したのですが、多くのクライアント企業で、問題解決手法として転用していただいていることを踏まえ、新入社員研修でも問題解決の手法としてご紹介することが多いのです。

<この稿終わり>

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮
(ご意見・ご感想・ご用命はこちらへ  takenaga@keieikyouiku.co.jp )

タグ

2011年4月19日

新入社員研修トレンド講座②

2.プレゼンテーション講座

人前でどのように話せば、最も効率よく、情報を伝えることができるか…1人のコンサルタントである私にとっても永遠のテーマですが、社会に出たばかりの皆さんにも、できるだけ早い時期に基本を身につけていただきたいと思い、担当させていただいています。
ポイントは、一定の期間を置いて、2回以上、模擬プレゼンテーションを実施していただくこと。映像を取り、自己チェックをしていたくこと。講師がリアルタイムでコメントを加えること。…社会に出たばかりの新人の皆さんは、1回目のプレゼンに比べて、2回目のプレゼンは、どなたも飛躍的に向上します。自信をつけていただくことも、この研修の狙いの1つです。

3.ベンチマーク研修

自社と類似した事業領域を持つ成功企業についての研究をグループワークを通じて進めていきます。
テーマ企業は、私が推薦する場合、人事部のご担当が指定する場合もありますが、新入社員の皆さんご自身で決めていただく場合もあります。
決算書の読み方、株式に付いての知識、マーケティングについての知識、経営戦略に付いての知識、会社法・金融商品取引法に関する知識…ベンチマークを進めるためには、さまざまな知識が必要になります。
新人の皆さんが疑問が生じるたびに、「ではちょっと時間をとりましょう」と講義を都度挟みこみます。決まったカリキュラムがあるのではなく、その場その場で、スライド資料を作り、板書を書きながら、講義を進めています。
研究成果を発表する形式をとれば、プレゼンテーション研修と組み合わせて実施することもできます。
今、私にとって、もっともおすすめの研修スタイルの1つです。

<次回に続く>

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮
(ご意見・ご感想・ご用命はこちらへ  takenaga@keieikyouiku.co.jp )

タグ

2011年4月18日

新入社員研修トレンド講座①

私は新入社員研修のスペシャリストではありません。
どちらかというと、ベテラン営業マンや管理職、経営者層の皆様に対する研修のほうが得意。
経験と実績もそちらのほうがはるかに多いのです。

私は、新入社員研修の定番であるマナーや接遇に関する研修はできません。

それでも、長くおつき合いさせていただいているクライアント企業の皆様から、お声をかけていただいた場合には、新入社員研修をお受けすることにしています。

テーマはさまざまですが、人事部のご担当と話し合いながら、いろいろな手法で研修を進めています。
最近、多くの企業で、新入社員の方々や若手の社員の方々向けに実施している研修には次のようなものがあります。

1.マーケティングの基礎研修

日経ビジネススクールで隔月でお話させていただいている内容を新入社員の皆さん向けにアレンジし、演習を繰り返しながら、マーケティングの全体像を把握できるように、研修を進めます。ご要望があれば、ケーススタディにもトライします(ただし、この場合、研修時間がどうしても長くなっていまいますので、調整が必要です)。

<次回に続く>

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮
(ご意見・ご感想・ご用命はこちらへ  takenaga@keieikyouiku.co.jp )

タグ

2011年4月17日

がんばれ 茨城

今日は早朝より仕事で水戸に来ています。
いつもなら、上野から水戸に移動する際には、常磐線特急「スーパーひたち」と決まっているのですが、震災の影響で現在は特急は動いていません。
各駅停車で自宅さいたまから水戸まで出てくると、乗り換えの時間も含め、早朝だと、2時間半くらいかかります。
各駅停車は動いているとはいえ、常磐線の運行はまだ不安要素が大きく、早めに出てきたのですが、無事到着いたしました。

2ヶ月ぶりに水戸に到着して、びっくりしました。
震災の疵痕はまだ生々しく残っています。
土曜の朝、高校生でにぎあう水戸駅構内は薄暗く、必要最低限のみ点灯となっている感じです。
駅の至る所が修復中。ブルーシートや建設用足場がすぐに目に飛び込んできます。
ロータリー付近の銀行でお金を降ろそうと思ったのですが、銀行のCDはみなシャッターが降りており(時間的な問題かもしれませんが)、コンビニエンスストアさえ「土日休業」と書かれている状態です。ようやく、1件、営業しているコンビニエンスストアに入り、お金をおろすことができましたが、店内の商品棚はガラガラ。日用品の品不足も深刻な様子です。
朝食をとろうにも、店が空いていません。
駅構内の飲食店もほとんどが休業中。
ようやく、エクセルシオールカフェを見つけ、そこで朝食をとりあながら、このブログを書いています。

駅ロータリーのペデストリアンデッキから市内を眺めると、駅付近商店街の至る所が養生中。震災で壊れた箇所の修理がまだまだ続いていることがわかります。
三陸や福島に比べると、マスコミでもそれほど報道のない茨城ですが、被害は大きく、復旧に向けて、県民の皆さんが一生懸命がんばっていらっしゃる時期だと思います。
どうか、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

タグ

2011年4月16日

林檎製腕時計、春の大活躍

4月の中旬といえば、新入社員研修も酣。
とても忙しい時期です。毎日、どこかの会社で話をする日々です。

人前で話をする仕事をしていると、「時間の管理」は常に頭から離れません。5分伸びてもまずいですし、5分短くてもまずいからです。理想は時間ぴったりに話を終わらせること。
しかし、これは案外むずかしいものです。

当然ですが、講演中に、一瞬で残り時間を判断するには、デジタルウオッチではなく、アナログウォッチのほうが便利です。

というわけで、この春。
アナログウォッチ(針式の時計)を新調いたしました。

「竹永さんの今日の時計…珍しい時計ですね。けっこうかっこいいなあと思いつつ拝見していたんですが…」

さっそく、本日、クライアントの1人に指摘していただき、内心、にんまり。やっぱり、褒められるとうれしいものですね。

本日私がつけていた腕時計。
アナログウォッチでありながら、タイマーやストップウォッチ機能もついたスグレモノです。
スイス製? 日本製??  いえいえ。違います。

この腕時計。
見かけはたいへんシンプルなのですが、実は、いろいろなアレンジができます。

まず文字盤。なんと、ものの数秒で、白地にも黒地にも変更できます。ゲシュタルト心理学で出てくる有名な絵…「ルビンの杯」を連想させるおもしろさです。
バンドも自由に取り替えられます。私は仕事で使うのでオーソドックスに黒を選びましたが、カジュアルで使う方なら、いろいろな色が選べます。複数色のバンドを購入しておけば、付け替えも簡単。女性なら、「今日の気分で…」と付け替えることができます。

針式の時計でありながら、音楽も聞けます。記憶容量は16GB。ざっと数千曲を収めることができます。
FMラジオもついています(感度はイマイチですが…)。
撮りためた写真も見ることができます。こちらも数千枚の写真を収録可能です。

さらには、なんと、万歩計にもなってくれるのです! ダイエットにも役立ちそうです。

今や携帯電話にも時計機能はあるので、わざわざ独立した腕時計を持たなくても済ますことはできるのですが、Officeや書斎での仕事と違って、講演中は携帯電話はできれば使いたくありません。
電源を入れておくと、突然着信音がしたり、振動したりというリスクがついてまわります。もちろん、予め切っておけばよいのですが、講演者(自分)が切り忘れたまま、演題の上に置いておくと、たいへんな恥をかきます。お客様にも迷惑です。
講演や講義の際、iPhoneのストップウォッチ機能は、私もたいへん重宝しているのですが、前述したリスクがあるので、できれば使いたくないなあ…と常々思っておりました。

そんな時に発見したのが、このニューウォッチです。

詳しい方はもうお分かりですよね。
そうです、そうです。
なんのことはない。
私が新調した時計の正体は、iPod nano(第6世代、現行機種)です。
これに、サードパーティが提供するリストバンド(2,000円ほど)をつけると、本当に普通の腕時計のような出で立ちになります。
アラームが付いていないのが玉に瑕ですが、それ以外の機能の充実ぶりには目を見張ります(もともとiPodですから…)。

高機能の針式腕時計(液晶画面ですが)の必要性を感じている方は、一度、お試しになってみてはいかがでしょうか。

(ああ、また、林檎化が進んでしまった…)

追伸
現行のiPod nano(第6世代)はとてもよくできたつくりの音楽再生機です。本体全体がクリップのような形になっており、男性であれば、ネクタイピンのようにつけることができます。体の中心にちょこんと付けられるわけですから、ヘッドフォンのケーブルもほとんどじゃまになりません。
ところが、私のように腕時計スタイルで使うと、その恩恵は失われます。iPod nanoをわざわざ左手首に装着するわけですから、ヘッドフォン・ケーブルの長さは長くなりますし、ちょっとじゃまです。ちょうど、点滴中の患者さんのような格好になります。歩きながら音楽を聞くことの多い方は、時計スタイルではなく、普通にお使いになったほうがよいでしょう。

タグ

2011年4月15日

日経ビジネススクール 今月の開講

今年からスタートいたしました日経ビジネススクール「ケースで学ぶ マーケティングの基本」、今月は28日に開催いたします。
http://www.nikkei-nbs.com/nbs/seminar/1104019.html

これに先立ち、今回は、メイン・テキストとなるパワーポイント・スライドを大幅に改訂いたしました。
前回の皆様からのご要望・感想に基づき、可能なかぎり、情報を刷新した次第です。

震災の影響もあり、この時期、わざわざ、マーケティングを学ばなくても…というご意見があるのもごもっともですが、その分、前回のような会場にぎりぎりいっぱいまでお申し込みいただき、グループ・ディスカッションのための机の配置変更も難しい…といった状況にはならないと思います。少人数で、皆さんといろいろな演習を、楽しく、こなしてまいりたいと思います。

もちろん、前回同様、予習や事前準備は不要です。「マーケティング」という言葉をはじめて学ぶ方のための基礎講座ですので、気負わずにお越しくださいませ。

 

マーケティング戦略の手引きとヒント(第2版)抜粋版

タグ

2011年4月13日

災害対策用アプリの活躍

未だに余震が収まらず、原発の事態収拾のメドもつかないなかで、不安な毎日を過ごされている方が多数いらっしゃいます。
改めて、被災された皆様には、震災御見舞申し上げます。

先日の余震では、あやうく私もクライアント企業の入っているビルのエレベーターの中で閉じ込められてしまうところでした。

エレベーターから降りた途端。
胸ポケットのiPhoneが振動し、「緊急地震速報」の文字が浮かび上がります。
数秒後に地震波が到達。東京でも相当に揺れました…
その後、数十分間にわたって当該エレベーターは停まってしまいました。
まさに間一髪。
本当にびっくりしました。

直後に、アプリで震源が福島県浜通り(内陸)と知り、もう一度驚きました。原発のことが頭をよぎりました。

震災後、スマートフォンの使い方もこの1か月で大きく変わりました。
iPhoneを購入した際には、携帯電話が、緊急地震速報の受信装置として役に立つとは思ってもいませんでした。
電話の着信は聞き逃しても生命にかかわりはありませんが、緊急地震速報の受信は逃すと生命に関わります。
iPhoneの場合、ドメスティックな携帯電話に比べると、緊急地震速報の受信が遅いようですが、それでも、なまずのマークのアプリケーション「ゆれくる」は、日常不可欠なアプリとなりました。

一方、現在もっともダウンロードされているソフトは、「懐中電灯。」。
これも優れたアプリです。
昔から、iPhoneの明るい液晶画面を使って、iPhoneそのものを懐中電灯として使おうというアプリはたくさんありました。しかし、どれもぼんやりと明るくなるだけで、「ないよりはマシ」といった程度の明るさでした(そもそも、わざわざ、アプリを使うほどもないのですが)。
ですが、この「懐中電灯。」は明るさが格段に違います。従来の懐中電灯型アプリとは、根本的に発想が違います。
iPhone4のカメラ用ストロボ(フラッシュ)を常時点灯させるというアプリなのです。
「明るい!」というよりも「まぶしい!」という感じです。光が目に直接入ると、ちょっと目を背けたくなります。
iPhone4をお持ちの方は是非、お試しください。計画停電中の夜道でも、これなら安心…という明るさです。
ちなみに、懐中電灯でもiPhoneのストロボでもいっしょですが、点光源はそのまま使うと光が拡散せず、いたるところに「影」ができ、あまり明るくなりません。こういうときは、え家庭やオフィスにあるレジ袋をかぶせてみてください。
レジ袋は乱反射により光を拡散し、蛍光灯や白熱電灯の曇りガラスの役割を果たしてくれます。計画停電時の裏技として、我が家でもレジ袋には活躍してもらっています。

そういえば、この2週間。東京は「計画停電」という言葉から遠のいています。
もっとも、電力量が冬以上に大きくなる夏を迎えれば、避けられなくなるでしょう。

経済産業省では、電気予当日や翌日の電力の需要と供給の予測を時間帯別に伝える「電気予報」の導入を検討しているそうです。
電気予報とは、猛暑で日中に需要が高まりそうな場合、「冷房の設定温度を上げて」「使わない家電製品の電源を抜いて」といったコメントも添え、視聴者に節電をするよう注意を促すものです。
効果があがることを願いましょう。

タグ

2011年4月13日