2013年9月のアーカイブ

百年に一度の名著『ストーリーとしての競争戦略』

この秋お披露目する新しい事業戦略策定研修の土台として、『ストーリーとしての競争戦略』を採用することを決定。

生きているうちにこの本に出会えてよかった…と思える一冊です。
天才っているんだなあ…と思いました。

一種自己完結しているから、『ビジョナリー・カンパニー』のように続編を期待するのは無理。これですべて…という内容です。

私は、ある本の内容をまるごと理解というよりも吸収したいと思う時、自力でその「要約」を作成し(数ページから数十ページ)、何度も書いて、かつ、口に出して覚えていきます。

といっても、年から年中そんなことをする余裕はありませんので、「これは頭に入れたい」「自分のものにしたい」
という内容の本と出会えた時だ、これをするようにしているわけです。
だいたい年間1冊ペースではないかと思います。

概ねこの10年で、自分のために「要約」した主な書籍は下記の通り(順不同)。
他にもあったと思うのですが、思い出せないということは使っていないということなので、要約はしてみたものの意味がなかったということでしょう。忘却上等!ということですね。

① 『標準 特許法』(高林龍著 有斐閣』
② 『会社法 (法律学講座双書) 第十版』(神田秀樹著 弘文堂)
③ 『マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則』(P・F. ドラッカー著 上田惇生訳 ダイヤモンド社)
④ 『コトラーの戦略的マーケティング―いかに市場を創造し、攻略し、支配するか』(フィリップ コトラー著 木村達也訳 ダイヤモンド社))
⑤ 『マーケティング原理 第9版―基礎理論から実践戦略まで』(P.コトラー、G.アームストロング ダイヤモンド社/ピアソン・エデュケーション)
⑥ 『日本の競争戦略』(マイケル・E. ポーター、竹内 弘高著 ダイヤモンド社)
⑦ 『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』(リンダ・グラットン著 池村千秋訳 プレジデント社)

すべて仕事をする際の、基礎資料として、常時フル活用させていただいています。
で、一昨日から昨日にかけて作成したのが、

⑧『ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books) 』(楠木 建著 東洋経済新報社)

ううむ、何度読んでみても、「百年に一度の名著」ですね。大げさじゃあないと思いますよ

2013年9月29日

「夢に基づく戦略」対「欲に基づく戦略」

『ストーリーとしての競争戦略』(楠木建著 東洋経済)を再読中。

常々私は、情報を伝える際には、

「密度」

が重要だと述べています。

それが、会議だろうと、雑談だろうと、講義だろうと、講演だろうと、レポートだろうと、書籍だろうと、単位時間あたり、単位字数あたりの「密度」は最大限高いほうがよいと思うからです(注:ビジネスの場合)。
逆にいえば、密度の低い情報伝達手法や機会にはげんなりする方です

2013年9月26日

マイクロソフト、サーフェス2を発表!!

皆さん、こんにちは。
台風一過からしばらく好天が続いていましたが、このところちょっと不安定ですね。台風と秋雨前線にはさまれていますから、しかたがないのかもしれませんね。

さてさて。
マイクロソフトから新型タブレット「サーフェス2」等が発表になりましたね。
本体性能の向上もすごいのですが、マイクロソフトが用意した

「おまけ」

がすごいです(@_@)

スカイドライブが200GB分、しかも、な、なんと2年間無料で利用できるというじゃあないですか(@_@)

更には、スカイプによる国際電話やWi―Fi(無線LAN)サービスの利用が1年間無料になるという特典もあるといいますね。

スカイドライブはたしか100GBで年間4,000円。
最大が100GBまでですから(無料の7GBをいれて107GBが最大)なので、まず、スカイドライブで200GB使いたい方にとっては、それだけでも魅力的です。

純粋に200GB、2年分の無料サービスの価値を貨幣的に計算すると、

4000(円/100GB)✕2(倍)✕2(年分)=16,000(円)

ですか。
サーフェイス2の価格は日本円に換算すると、およそ44,000円。
そこから、上記スカイドライブのサービス16,000円を引くと、実質的な本体価格は、な、なんと…

28,000円!!!!

こ、これはかなりお安いのじゃあないでしょうか。

サーフェイスは質感も高いし、デザインも素敵ですしね。
最近、ウインドウズ端末を全然触っていない私は、何かの事情で得意先やパートナー企業でウインドウズ・ぱそこんの操作を要求されると、けっこう恐怖…

40代でウインドウズ難民になるのもまずいですから、一台サーフェイス2(またはウインドウズ8が載っているサーフェス・プロ2)の購入を検討しなければなりませんねえ。

いいね! · · 投稿のフォローをやめる · 宣伝する · シェア

2013年9月24日

無敵のiOS端末

続々と報じられるiPhone5sの「つながりやすさ」3社キャリア比較の情報。
iPhoneユーザーにとって、ハードが3社で差がなくなったことにより、キャリア選びの焦点は

「つながりやしさ」

に一気に移行しました。

現在報じられているとおり、auが最も安定的につながるのであれば、今後、プラチナバンドに対応したiPadが発売された時、さらに大きなムーブメントが起こるかもしれません。

「単独でどこでも高速回線につながる大型画面を備えたiOS端末」

となるからです。

私は現在iPad3を使っていますが、まず、「単独」ではつながりません。かならず、WiMAXルーターが必要。そうなると予備のバッテリーも必要…ということで、iPad3を外で使う場合、最低でも本体、WiMAXルーター、その予備バッテリーと3つのパーツをカバンに入れなければいけません。iPadには電話機能がありませんから、別途iPhoneも… もうこれだけで4つです(´・ω・`)

続いて、現在のWiMAXは「どこでも高速回線につながる」とはいえません。LTEに比べて地下は弱いですし、地方都市はまだしも、観光地になるとからっきし。この点は、プラチナバンド以外のLTEも似たようなものかもしれませんね。初期の頃は、WiMAXとLTEの理論値上の比較で、LTEが優れているといった記事も多数ありましたが、理論値が出る場所などほとんどなく、加えて、テザリングにおけるLTEの「7G制限」という呆れるほど不完全なサービスに鼻白んだものです。

皆さんの中には3G回線付きのiPadをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、これは、「高速」というところを削除すれば、

「単独でどこでも回線につながる大型画面を備えたiOS端末」

といえますから、かなり理想に近いわけです。ただ、「高速」か「3G」かは、写真や動画を大量に扱う私としては、とてつもない差があるので、3G回線版のiPadはやはり私には物足りないのです。

先日発売されたiPhone5sの場合はどうかというと、「単独」「どこでも高速回線につながる」はオッケーですが、「大型画面を備えた」のところで失格

2013年9月23日

『ワーク・シフト』を薦める

おはようございます^_^

読書の秋。

久しぶりに娘に本を薦めてみました。

実は、私自身、人から推薦された本というのは、これまで大抵後回しにしてきました。

しかし、最近、Facebookのおかげで、自分と価値観の近い友人がこぞって読んでいる本は、後回しにしてはもったいないことがわかってきました。

千種さん主催の『経営名著を読む会』の存在は、その顕著な事例ですが、それ以外にも雑サロや飲み会の場で複数の友人が薦めてくれる本に、間違いはありません。

もっとも、娘が私と同じ感覚かどうかはわからないので、無理強いはせず、

「まあ時間があったら」

という程度で、薦めてみました。

書名は、この夏にのめりこんだ、ご存知…

『ワーク、シフト』!

やはり、Facebook友達から酒の席で薦められたベストセラーです。

私自身、同書をネタに雑サロを2回開催したほど、面白かったです。
共鳴できるところもあれば、反対意見もあります。そこがこの本の魅力でもあります。

娘には打診してみると、

「読んでみたい」

とのこと。

進路選択の途上にある高校生には、ぜひ一読していただきたい名著です。

私たちの世代とはきっと違った感性で読むから、感想も自ずと違ったものになるに違いありません。

というわけで、ついでに、父親特製のレジュメ…

『「ワーク・シフト」の要旨』

を添えて、出張に出ました^_^

そのうち、感想を聞いてみたいと思います。

2013年9月23日

『神の数式』はすごい!

TBSの『半沢直樹』も面白かったですが、裏番組のNHK
『神の数式』もおもしろい。ガラポンで第1回をさかのぼって視聴してから、今宵の第2回を見てみようっと。

2013年9月22日

iPhone三国志、開幕!!

iPhone三国志、開幕!!
序盤を制するのはやはりauなのかもしれない。auが「つながりやすさ」を強調する理由は、基地局数で圧倒するという点が最大だろうが、背景・要因としては、次の2点をあげることができる。

1.コンプライアンス要因
昨年(だっただろうか)、iPhoneの人口カバー率の表記について景表法上大きな汚点を残したため(今度は意地でも虚偽表記はできないはず)。

2.ストラテジック要因
ソフトバンクやドコモの回線と違って、auの3G回線は、通話とデータ通信が同時には行えないという根本的かつ克服不可能な弱点を持つ。したがって、できるだけ、3Gの土俵ではこの2社とは戦いたくないはず。土俵を移し、回避戦略をとるのは当然である。

以下、裏付け…とまではいかないが、ソフトバンクやドコモに対して「つながりやすさ」についてはかなり有利だと思われる記事を紹介しておこう。

2013年9月22日

iPhone5s 電池問題への対応法

東京駅にて。
珍しく娘から電話。しかも、無料通話のFacetimeオーディオ!
このへんのコスト感覚は流石である(もっとも、うちはホワイトプランなので、この時間なら3G通話であっても無料だが)。
超高音質での親子の会話(娘:自宅無線LAN経由、私:WiMAX経由)がスタート。
やはり、Facetimeオーディオの音質は半端ではない。

「iOS7にしたら、電池の減りが早くなった」
「学校に持って行ったら夕方まで持たない」

…クレームである。

「まあ、お待ちなさい」

いろいろ改善の方法はあるのだが、

「設定」→「一般」→「アクセシビティ」→「視差効果を減らす」をONに変更→「コントラストを上げる」をONに変更

が一番効果があるかなあ。
これにより、ぼかしや視差効果がなくなり、見た目の「かっこうよさ」は多少損なわれるが、機器の負担が軽減され、バッテリーの消費も抑えられる。
皆さんもお試しあれ。

「わかった。あとはパンダ(iPhone最適化アプリ「サクサクHD」のパンダ)に相談する」

ガチャ。

高音質ながらビジネスライクな、1つの短いやりとりが終焉を迎えた。
必要な情報だけゲットしたら、礼も言わずにすぐに回線を切る。
無駄がない。このへんのコスト感覚も流石である。

2013年9月20日

名月よりもビデオ編集

おはようございます。
昨夜は中秋の名月はちらっと見ただけに終わりました。来月、もう一度明の名月は楽しめると思いますのでちょっとお預け。

昨夜はビデオの編集にけっこう時間がかかってしまい(ビデオの編集って読み込み時間が長いんですよね。手空きが多く、非効率_| ̄|○ けっこうMacが凍りますし(~_~メ))、結局夜半を回ってしまいました。

手空きの時間に娘のiPhoneのiOSへのアップロード見てあげていたんですが、中途半端な状態で終わってしまったなあ…忘れてた

2013年9月20日

Nuboard中板で頭の中を「見える化」!

ファシリテーションの道具の1つにトーキング・オブジェクトというものがあります。喋­る際には、必ずそれを持ってから話さなければならない…という道具です。特定の人­ばかりがだらだらと話すのを防ぐためのツールとして、お使いになっているファシリテー­ターの方も多いと思います。
意外なことに、携帯用ホワイトボードには、トーキングオブジェクトと似たようなメリッ­トがあります。
会議やミーティング、ワークショップやセミナーに出席した人全員に配っておけば、誰が­話したがっているかは、「ホワイトボードの出来具合」を見れば一目瞭然だからです。

「普段はあまり話さない◯◯さんが、今日は熱心に自分の意見をチャートにまとめている­。じゃあ、次は彼にふってみようかな」

こんなことが簡単にできてしまうわけです。
ただ、巷に売られている携帯型ホワイトボードはどれも厚いのが欠点!
まとまった枚数を運ぶのはけっこう至難の業でした。

しかし、欧文印刷さんが「B級品」として特別に発売してくださった、ヒット商品「NU­board(ヌーボード)」の中板はたいへん薄い! 「消せる紙」よりは厚いですが(厚紙ですからね)、それにしてもとても薄くて便利で­す。

これなら何枚でも持ち運ぶことができます。
私自身大変重宝している逸品です。

薄くて、硬くて(厚紙なので)、しかも、お安い(A4サイズは1枚100円)!

全国のファシリテーターの皆さん!
必携アイテムですよ〜

Nuboard中板で頭の中を「見える化」!
ファシリテーションの道具の1つにトーキング・オブジェクトというものがあります。喋る際には、必ずそれを持ってから話さなければならない…という道具です。特定の人ばかりがだらだらと話すのを防ぐためのツールとして、お使いになっているファシリテーターの方も多いと思います。 意外なことに、携帯用ホワイトボードには、トーキ…

2013年9月19日