MacBook Airの記事一覧

社内メールのIMAP化

震災から20日間。
被災された皆様には改めてお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

私たち経営教育総研のクライアント企業の皆様は、福島や茨城に拠点を持っている会社が多く、お電話申し上げるたびに、いまだ被災状況の全貌が把握しきれていないと伺い、心を痛めております。まずは、福島第一原発の事態収拾を願うばかりです。

最近、弊社では業務システム上、1つ大きな進歩がありました。
Google Appsの導入です。
Google Appsとは、Googleが提供しているアプリケーションのパッケージの名称です。コミュニケーションやコラボレーションのために利用できる各種ツールがセットで提供されています。
Google Appsには、コミュニケーション・ツールとして「Gmail」「Google トーク」「Google カレンダー」が、コラボレーションのためのアプリケーションとして「Google ドキュメント」「スタート ページ」「Google Page Creator」などが、すべて含まれています。
ドメインとユーザー・アカウント情報を管理できるコントロール パネルや、拡張APIなども同梱されています。サービスの保守自体はGoogleによって行われています。

Google Appsにおける個々のアプリケーションは、それぞれ単体で無償提供されていますが、Google Appsのパッケージでは、複数ユーザーの管理や既存システムとの統合などが可能となっているという利点があります。

弊社ではじめに導入したのは、「Google カレンダー」。今まで使っていたグループウェアよりも格段に使い勝手がよく、特に、個人的にGoogle カレンダーを使っていた私にとっては、カレンダー自身の一元化が叶い、本当に重宝しています。

① 私のプライベートなカレンダー
② 家族のカレンダー
③ 私個人の仕事のカレンダー

と、通常は3つのカレンダーを閲覧可能にしていますが、当然、これ以外にも、法人研修や講演の予定のカレンダー、中小企業診断士講座のカレンダー、各種会議室のカレンダー等を自由に閲覧、記入・変更できるようになりました。

次いで、導入したのが、「GMail」です。もちろん、これも個人としてはずいぶん前から利用していましたし、会社のメールもそこで読むことができたのですが、個人と会社のメールがついついごっちゃになり(特に送信時。社内メールに対し、デフォルト設定の個人アドレスで送信することが多かったのです)、なんとかしたいと思っていました。
数日前から、社内メールが「GMail」となり、正式にIMAP対応しました。
個人Mailと完全に分け、Safariで見るときには、個人のGMail、Google Chromeで見るときは、会社のGMailと完全に区別することができるようになりました。
ただし、古い大量の社内メールの移管にはずいぶん時間がかかりました(数GB)。私の場合、3日間。設定してくれた弊社総務担当社員も、やはり3日はかかったと申していました。その間、メールが不安定で、たいへん不便でしたが、どうにか、今朝から使える状態になったようです。

社用Thinkpad、自宅書斎iMac、携帯用MacBookAir、同iPad、携帯電話であるiPhone間で、個人メールと社内メールが完全に独立し、かつ、同期してくれる環境になったことはたいへんな進歩です。

タグ

2011年3月31日

仕事の電子化・MacBook Airの電源対策

先日、二泊三日で中京地区のクライアント企業を訪問してきたのですが、出張中、お供のMacBook Airはまたしても大活躍。
徐々に手に馴染み、操作にも慣れてきました。

まだまだ、外歩きが長い時にはいろいろなことに気を使います。
もっとも気になるのはやはり電源問題。
MacBook Airの厚さ(薄さ)を見れば、誰もが心配になります。
購入の際、「思ったよりも長持ちしますよ」とショップの店員さんはおっしゃっていましたが、実物を見ると、どうしても心配になります。
しかし、何度か出張に持って行き、あながち、店員さんの言葉が気休めではないことが分かってきました。
確かに思った以上によく持ちます。

「パタン!」

と蓋をすれば、そのままサスペンド状態に移行し、電源消費量は事実上無視できるレベルにまで低下します(サスペンド状態で1ヶ月持つそうです。当然、試したことはありませんが…)。
この1ヶ月、「MacBook Air…電池切れかあ。しかがたがないから、iPhoneで続き作業を…」となったことはありません。
まめに蓋を閉じると、かなりの省エネになり、体感的には、

「電池はけっこう長持ちするなあ」

と思えるのかもしれません。

もともとは、HyperMacというサードパーティ製の外部バッテリー購入を考えていたのですが、どうやら、この製品、アップルから特許侵害だと警告され、販売を打ち切ってしまったのです。類似製品がないので、誠に残念でした。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮
(takenaga@keieikyouiku.co.jp ご意見・ご感想・ご用命はこちらへ)

タグ

2010年12月16日

キーボード不変の原則③

一般にクラウド・コンピューティングという言葉は、情報の同期化だけが取り沙汰されます。しかし、実際には、

「いつでもどこでも必要な情報を呼び出せる」

だけではなく、

「いつでもどこでも必要な情報を加工・更新できる」

ことも大切です。そのためには、

「いつでもどこでも同じキーボード(入力装置)が使える」

ということも必要なのです。そのほうが、ストレスなく、クラウド・コンピューティングの利便性を享受できるからです。

アップルの場合、Mac Pro、iMac、Mac mini、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iPad、iPhone、iPod Touchのいずれを使用する場合でも、ほぼ同一のキーボードを使うことができます。
こういう点に対する統一性こそ、企業としての長期的視点の現れであり、戦略的視点の具現化です。

最近、使用機会の減ったThinkPadですが、この製品もたいへん立派なコンセプトを守っている製品です。今や、ThinkPadのアイデンティティとなっている赤いトラックパッドですが、他のWindowsノートが、

「右向け右」

で一斉にトラックパッドに映っても、かたくなに赤いトラックポイントの使用を守ってきました。黒い筐体に赤いトラックパッドの新製品を見るたびに、トラックポイント・ファンは、安堵し続けてきました。
ThinkPadを使ったことのない方はご存じないかもしれませんが、キーボードのブラインド・タッチをする方にとって、ホームポジションから掌をまったく動かさずに、カーソルを自由に動かすことができるトラックポイントほど優れた入力装置はありません。マウスはもとより、タッチパッドでも、こんなことはできません。

「掌を離す」

ことは避けられない動作(無駄な動作)なのです。

現在愛用中のMacBook Airに対して抱いている僅かな不満の1つが、

「トラックポイント」

を搭載していないことです。これだけは誠に惜しいと思います。

「画竜点睛を欠く」

とは、まさにこのことです。アップルの皆さん、どうか、トラックポイントの搭載を考えてみてください。赤くなくても構いません。

「今だけ売れればいいよ」

といったIT機器ばかりを売ったり、買ったりしていては、本当のユビキタス社会、クラウド・コンピューティング時代の到来は先延ばしになるばかりです。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(ご意見・ご感想・ご用命はtakenaga@keieikyouiku.co.jpへ)

<この稿終わり>

タグ

2010年12月11日

キーボード不変の原則②

ところが、対するMacはどうかというと、さすがに統一されています。
アップルが長い間、サブノート・サイズ(B5判ノートパソコン)をつくらなかった理由の1つは、一定のキーとキーとの間隔(ピッチ)を確保したいためだったといわれています。サイズだけ小さくした打ちにくいMacを作るのは、彼らの美学が許さなかったわけです。

iPhone用に購入したアップルのWirelessキーボードと、MacBook Airのキーボードを比較してみると、サイズはほとんどいっしょ。キー配列も同じです。違いは、キーの深さです。携帯用であり、薄さを求められるMacBook Airのほうがやや浅い構造になっており、深い打鍵感を好む方にはやや物足りないかもしれません。もっとも、深い打鍵感が好きで、長らくThinkPadを愛用してきた私ですが、特に違和感は感じませんでした。浅いながらも作りがしっかりしたキーボードになっており、「たたいた」という実感は十分に得られます。

仮に私が自宅で大きな画面のマシンで作業をしたいと思った場合、iMacを購入するのが妥当でしょう。その場合、キーボードは、前述したiPhone用に購入したWirelessキーボードと同じものが付属されています。iPhoneとiMacでは、象と蟻くらいサイズは違いますが、使えるキーボードは同一なのです。
最近愛用しているMacBook Airのキーボードもやや浅い点を除けばほとんど同じ。
これはすごいことです。
アップルの場合、マシンを変えても、違うキーボードを使用擦る必要がないのです。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(ご意見・ご感想・ご用命はtakenaga@keieikyouiku.co.jpへ)

<次回に続く>

タグ

2010年12月10日

キーボード不変の原則①

モノを書く仕事をする人でも、プログラムを作る仕事をする人でも、使い慣れたキーボードを変更しなければならないというのはたいへんな苦痛ではないでしょうか。
他の労働条件が同一である場合、同一のキーボードを長く使ったほうが生産性は高まります(キーボード不変の原則)。

私の場合、長いことThinkPadのB5判を使ってきましたので、手は完全に馴染んでおり、サイズの大きなキーボードをクライアント企業の研修施設などで使用しなければならないときには、作業効率が著しく低下してしまいます(当然、通常は自分の使い慣れたパソコンを持ち込ませていただくようにお願いしておきます)。

自宅と職場でキーボードのサイズが違うのは当たり前…と考える方が多いでしょうし、異動先で別なパソコンが貸与されたら、それに慣れるのが当たり前と思われる方も多いと思います。

確かに、Windows機の場合には、同じQWERTY配列のキーボードであっても、メーカーや機種により、少しずつ異なります。

QWERTY配列は、「キー配列のデファクトスタンダード」と呼ばれることがありますが、あくまでも「だいたい同じ」だけの配列であり、たくさんのバリエーションが存在します。

アメリカ国内では、101/104英語キーボードが、ヨーロッパでは102/105多国語(Multi Language)キーボードが、日本では106/109日本語キーボードが主流です。

実際のキー数やキートップ上の表記は、メーカーやモデルや言語によって、ノートパソコンは通常テンキーがなかったり、電源・音量・アプリケーション起動関係のキーなどがあったりなかったりし、かなりの差異があります。
配列だけではなく、キーボードの大きさ、キーとキーとの間隔(ピッチ)、キーボードの深さなどは機種によって大きく異なります。
Windows機の場合、機種を変えれば、まったく性質の異なるキーボードを使うことを強要され、多くのビジネスマンにとってストレスになっているのです。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(ご意見・ご感想・ご用命はtakenaga@keieikyouiku.co.jpへ)

<次回に続く>

タグ

2010年12月9日

仕事の電子化・軽薄モテモテ時代②

今後、WindowsからMacへの乗り換えまたは併用をお考えになっている方には、できれば、Macの基本書を1〜2冊お読みすることをオススメいたします。しかし、お会いした女性マネジャーの方は、何も読まず、インターネットの情報(アップルのホームページ等)で済ませたとおっしゃっていました。それでも十分使えるようになるのでしょう。

MacBookAirを使っている女性は(男性もですが)まだまだ少数ですが、iPhoneを使用する女性はかなり増えています。その中には、

「iPhoneがこれだけわかりやすいインターフェイスだったのだから、Macもいいかも」

と思っているがとても多いようですね。
そういった潜在需要があるところに、

「軽薄ながら、かわいい」

“イケメン”が登場したわけです。よく考えれば、売れて当たり前…ですね。

WindowsユーザーがMacに慣れるまでに必要な時間ですが、毎日接していれば、およそ2週間と見てよいのではないかと思います(若い方ならもっと短期間でマスターされるかもしれません)。これは、ガラパゴス携帯(日本独自の携帯電話)からiPhoneに慣れるまでの期間とほぼ同じです。一からパソコンに触れるわけではないので、案外短時間で普通に使うことができるようになります。

MacBookAirには、FaceTimeという一種のテレビ電話機能がついており、iPhoneやカメラの付いたMacを持った相手とやりとりができるようになっています。これは意外と便利な機能で、手鏡のかわりに使用することができます。ビデオの収録前などに、髪型やネクタイのチェックをすることができるので、私も重宝しています。化粧が必須の女性にとっても、便利な機能かもしれません。ちゃんと、左右逆(鏡と同じ)に写ってくれます。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(takenaga@keieikyouiku.co.jp ご意見・ご感想はこちらへ)

<この稿終わり>

タグ

2010年12月7日

仕事の電子化・軽薄モテモテ時代①

仕事でお会いする女性で、iPhoneやiPadを使う方が増えてきました。なかには、早々とMacBookAirを購入されている方もいらっしゃいます。すごい普及速度ですね。びっくりします。

「お仕事で使っていらっしゃるんですか」
「はい」
「Officeソフトはどうされているのですか」
「本当は、会社のパソコンと互換性のあるMicrosoft Office for Macがほしいんですが、今は安価なiWorkを使っているんです。とりあえず、メールの添付資料が読めればいいので、まあ、使えていますよ」
「もともと、ノートパソコンを持っていらっしゃいましたっけ」
「いいえ。全然。でも、今回のAirは薄くて軽いし、かわいいので、つい、買っちゃったんです」

なるほど。軽薄でもかわいければモテるのか…などと、MacBook Airにちょっと嫉妬しつつも、

「そのとおり」

だと思います。
もともと、MacのOSのよいところは、直感的に使える点でした。私のようにMicrosoftのソフトを使わず、アップル純正品で基本ソフトを固めてしまえば、操作に一貫性があり、ソフト間の互換性も実に高く、ストレスなく使うことができます。
ソフトごとに開発企業が異なるWindows機を使用する場合には、こういったメリットは受けられません。

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(takenaga@keieikyouiku.co.jp ご意見・ご感想はこちらへ)

<次回に続く>

タグ

2010年12月4日

持続的成長型マネジャーと成長停滞型マネジャー①

先週後半は、MacBook Airを持ち、初の大阪出張。
丸々二日間、とある大手サービス業勤務のマネジャーの皆さんを対象に、マネジリアル・クライミング・モデル(リーダーシップ理論)動機付け地形図理論(モチベーション理論)についてお話して参りました。
といっても、私の話していた時間は全体の3分の1くらいでしょうか。あとは、メンバーの皆さんによるディスカッションが中心です。
マネジャー同士の研修の場合には、講師が話す時間が3分の1でも多いくらいです。もっと、話す時間が短くなるよう、私自身、プログラムの改善を試みるべきだと毎回感じています。

マネジャー向けの講演・研修・ワークショップを主宰すると、必ず気づく共通点が1つあります。
私は、講演であれ、研修であれ、ワークショップであれ、殆どの場合に、マネジメントに関するショート・ケーススタディを用意します。そのその際、どのショーケースでも、

「さて、この場合、どのような方法が考えられるでしょうか」
「さて、この場合、彼はどうすべきだったのでしょうか」

という問いかけをするのですが、それに対する参加マネジャーの皆さんの対処方法が、見事に2つに分かれます

① 教科書的な正論や抽象論、マネジャーじゃなくても答えらるような一般論だけしか話すことができない方
② 次から次へのさまざまなアイディアや具体的な事例・経験を話すことができる方

本当に真っ2つです。
①のようにマネジメントに関するノウハウの引き出しがほとんどない方と、②のようにマネジメントに関する事例とノウハウがあふれんばかりに詰まっている方。
銀行でも、小売業でも、サービス業でも、メーカーでも、大企業でも、中小企業でも、本社でも、支店でも、営業部門でも、生産部門でも、ビックリするくらいに、①②真っ2つに分かれます。

当然、私は、研修や講演においで頂いた方々には、②のようなマネジャーに育ってほしいと願っています。

どうして日本のマネジャーはこの2つのタイプに別れてしまうのでしょうか。

<次回に続く>

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮
(ご意見・ご感想・ご用命はこちらへ  takenaga@keieikyouiku.co.jp )

<次回に続く>

タグ

2010年11月29日

仕事の電子化・MacBook AirはiPhoneを駆逐する③

このように、MacBook Airがあると、iPhoneのスマートフォンとしてのさまざまな高機能が非常に中途半端に思えてきます。
MacBook Airが手元にある場合、それ以外にほしい情報機器は、

「電話(電話機)」

だけなのです。まさか、移動中に、MacBook Airを開き、インターネット電話サービスであるSkypeを使って話すわけにもいきません。電話機だけはどうしても必要なのです。しかし、それ以外のほとんどの機能、すなわち、ネット検索も、メール受送信も、ファイルの閲覧・確認も、すべてMacBook Airにお任せでよいのです。

「その場合、MacBook Airと組み合わせるべきベストな電話機とは何ですか」

と尋ねられれば、私はこう答えます。

「高齢者用のらくらくホンのような電話機でしょうね」

らくらくホンは、NTTドコモの携帯電話端末製品のブランド名ですから、より一般的な言い方をすれば、

「携帯電話初心者および50代以上の高齢者層をターゲットとする携帯電話端末(高齢者向け携帯電話)」

がベストだということになります。意外に思われる方も多いかもしれませんが、これからはズバリ、

MacBook Air + 高齢者向け携帯電話

の組み合わせがベストの選択です。

高齢者向け携帯電話は、シンプルで使いやすく、それでも、ちゃんと携帯メール機能はついていますから、いざとなれば(MacBook Airが使えない状況など)、メールのやり取りは「らくらく」できます。ご存知のとおり、日本には、PCメールと携帯メールという2つのメール文化があります。パソコンであるMacBook Airは携帯メールを送受信できませんから、この点でも、携帯電話を持たないというわけにはいきません。

MacBook Airと高齢者向け携帯電話は、驚くほど、その機能が重複しません。きれいに相互補完し合う関係になっており、かっちりと役割分担させることができます。

ネットで何かを調べるとき ⇒ MacBook Air で対応
長文を打つとき ⇒  MacBook Air で対応
PCメールをやりとりするとき ⇒ MacBook Air で対応
ファイルを開くとき ⇒ MacBook Air で対応
電話をかけるとき ⇒ 高齢者向け携帯電話で対応
携帯メールでやりとりするとき ⇒ 高齢者向け携帯電話で対応
電話をかけながら、画面を見たいとき ⇒ MacBook Airと高齢者向け携帯電話の併用で対応

このように、どんな局面を想定しても、両者があればこと足りますし、出番が重複することもありません。最強の組み合わせであることがわかります。

やはり、

「MacBook Air と高齢者向け携帯電話 の組み合わせが天下をとる」

という予想が成立します。

MacBook Airをはじめとする薄型・軽量で立ち上がりの速いパソコンが世の中に出まわりつつある現在、iPhoneをはじめとするスマートフォンの普及は案外難しいかもしれません。
高齢者向け携帯電話を若い世代やビジネスマン向けにアレンジし、MacBook Airのような立ち上がりの速いSSD内蔵パソコンと組み合わせて、販売するほうが、マーケティング的には正しい選択となるかもしれません。

「では、まず、あなたがiPhoneをやめて、高齢者向け携帯電話を使ってみて、その使用感をレポートを書いたらどうですか」

なるほど。それを言われると弱い(笑)。

こう、お答えいたしましょう。

「おっしゃるとおり。私も変えたいのは山々なのですが、まだ、iPhoneの残債がだいぶん残っているので、今、機種変更するのは、難しいのです。すぐにでも実験したいのですが、とても残念です」

㈱経営教育総合研究所 竹永 亮(ご意見・ご感想・ご用命はtakenaga@keieikyouiku.co.jpへ)

<この稿終わり>

タグ

2010年11月26日

仕事の電子化・iPhoneの所在検索機能

お恥ずかしい話ですが、先日、新幹線の中にiPhoneを忘れてきてしまいました。そのまま東京駅の車庫に入る列車だったので、安心はしていたのですが、駅員さんに、

「明日の朝までは車庫なので、所在は確認できませんね。明日の13時以降に問い合せてください」

といわれ、不安な一晩を過ごしました。

今時、携帯電話を失うと、本当に嫌です。誰かから、何か、重要な情報の知らせがあるのではないか…と思うと、なんとも、落ち着かない一晩を過ごしました。

現に社内のスタッフから1件、プライベートでは訃報が1件入っていましたが、対応が遅れるはめになりました。

僅かな時間でしたが、翌日朝SoftBankに行き、古い携帯を復活。特別に故障扱いにしてもらい、代替SIMカードを発行していただき、現行の電話番号と携帯電話アドレスが一時的に使える状況に。とりあえず、ほっとしました。僅か12時間くらいのことでしたが、まるで、息が止まったような時間からようやく解放されました。

それから1週間。アップルから朗報です。
iOSがアップデートだそうです。
「iPhone史上最高のソフトウェアアップデート」というキャッチフレーズはいささか大げさだと思いますが、それでも、かなりの大きな進歩です。
特にありがたいのは、

>「iPhone(iPad、iPod touch)を探す」は、なくしてしまったデバイスを探したり、大切なデータを保護するための、MobileMeの便利な機能です。iOS 4.2を搭載したiPhone 4、iPad、第4世代のiPod touchでは、この機能を無料で使えるようになりました。

という1文です。一度設定してしまえば、iPhoneがあるおよその場所をマップ上に表示させたり、画面にメッセージを表示させて見つけた人に連絡したり、パスコードロックをリモートで設定したり、リモートワイプを実行してデータを消去できるようになるのです。しかも、その後、iPhoneが見つかったら、最新のバックアップからすべてのデータを復元することができます。
これは、究極のセキュリティ・サービスです。

もし、1週間前にこのOSがアップデートされていたら、私としては、

「あ、東京駅の操車場の中にあるな」

と確認できたはずです。

この機能を試すために、もう一度、iPhoneを新幹線の中で落としてみるか…
こんな馬鹿な事を考えている暇はありませんね。
仕事、仕事…(汗)

タグ

2010年11月25日