2015年12月のアーカイブ

時間短縮の仕事術が育むイノベーションの組織文化

昨日、中小企業基盤整備機構様で講演させていただきました。
資料をこちらにアップします!!

https://www.dropbox.com/s/xeqiqy8i3s53qkp/%E4%B8%AD%E5%B0%8F%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%9F%BA%E7%9B%A4%E6%95%B4%E5%82%99%E6%A9%9F%E6%A7%8B%E5%BE%A1%E4%B8%AD%E3%80%80%E6%99%82%E9%96%93%E7%9F%AD%E7%B8%AE%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E8%A1%93%E3%81%8C%E8%82%B2%E3%82%80%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E6%96%87%E5%8C%96%E3%80%80%E8%AC%9B%E7%BE%A9%E8%B3%87%E6%96%99%E3%80%802015%E5%B9%B412%E6%9C%887%E6%97%A517%E6%99%8220%E5%88%86%E7%89%88.ppt.pdf?dl=0

新しいことに挑戦したり、新しいことを導入しようと思ったりしても、実際にはなかなか実行に至らないことが多いものです。その多くの場合、「挑戦」「試行」のための時間がとれないことが原因となっているのではないでしょうか。

1日24時間、1年365日という時間を延ばすことはできません。しかし、日々こなしている業務にかかる時間がもし半分あるいは1/4になれば、私たちは自由になるまとまった時間を手に入れることができるのです。

本来であれば、人を増やす、あるいはトレーニングや経験でしか実現できなかった時間短縮ですが、これからの時代、そうでもないのです!

今回は、努力・訓練・年月・経験を必要とせずに、やろうと思えば明日からできるさまざまな仕事にかかる時間を短縮するための具体的な方法を明らかにしていきたいと思います。

WebやITを使った方法はもちろんのこと、古典的な方法でもロングセラーとなっている方法もご紹介し、決して難しくない「使える時間短縮の仕事術」をお伝えします!

とはいえ、組織全体として考えたとき、このような知識やノウハウを一部の人だけがこっそりと知っていることほどもったいない状態はありません。この個人知を組織知レベルに移行できてこそ、組織として健全な姿なのです。

これらの時間短縮の方法を組織全体の文化に高めていくにはどうしたらいいか、持続的・継続的にそれらの情報を入手する経路をどう確保すればいいのか、みんなで考えていきたいと思います。

2015年12月8日