2016年12月のアーカイブ

続・進化した「Google翻訳」を試してみました

あまり、英語で文章を書くことのない私ですが、いろいろ探してみたら、十数年前に書いた修士論文の下書きが出てきました。
もちろん、日本語で書いたのですが、英語でのAbstract(要旨)も添付しなければなりませんでした。
で、英作文の教科書を突き合わせながら、十数年前に書いた「英作文」が以下の通り(【論文の英語による要旨】)。

これをGoogle先生に和訳していただいた結果【Googleによる日本語訳】、【元となった日本語での論文要旨】を添付します。
Google先生の和訳能力に感謝です!!
ちょっとおかしいけど。それは、私の英作文能力に問題があったということかもしれません。
でも、結果として日本語としてだいたい意味が通るということは、私の「英作文」はまったく零点でなかったことも確認できます。

最後に、【Google先生による私の日本語論文要旨の英訳】を添付してみました。
正解かどうかわかりませんが、これが、比較的正しい英訳なのでしょうね。
自分で書いた「英作文」の結果と突き合わせ、「添削」することもできますね。
ところで。
私の英作文能力は、大学受験終了後、ほぼ進歩していません。
十数年前、30代なかばだった私にとって、この英作文自体が「地獄」でした笑

それでも、辞書と教科書があれば、なんとか、自分の論分の要旨を英語っぽくすることはできていたことを確認でき、少しホッとしています。
多分、言い回しや冠詞の使い方など、メタメタだとは思うのですがね。

それにしても。
今気づいたのは、自分で書いた「英作文」を、現在、自力で訳すことができません…
この十数年で自らの英語力が相当落ちていることを実感し、愕然となったりしますね…_| ̄|○
【論文の英語による要旨】

In retail trade, various services are carried out for management thought a great deal of customer satisfaction. To put it concretely, open throughout every day of the year, mass customization, correspondence for petty orders, guarantees for the lowest price, internet business, they are very important service for retailers in the same way as guarantees of returned goods. These services are carried out simultaneously. Some retailer that carried out these troublesome services has victory in their grasp. These services are compared to guarantees of returned goods, too. Next, I kept my eyes on guarantees of returned goods, try to divide them into classes, and give examples. Particularly, I compared “guarantees by paying back and guarantees by no paying back” “unconditional guarantees and conditional guarantees” ”open guarantees and closed guarantees”. I set up three hypotheses as to functions of guarantees of returned goods.
1. Guarantees of returned goods work as external marketing method, and contribute increase in number of customers and sales. 2. Guarantees of returned goods work as internal marketing method, and contribute increase of employee’s satisfaction. 3. Guarantees of returned goods work as social marketing method, and contribute increase of enterprise value.
To verify these hypotheses, I investigated into companies that carry out guarantees of returned goods. Investigation target companies are 4 department stores, 3 volume sellers, 3 retailers management by foreign manufacturers, 3 direct marketing retailers, and total 17 companies. Further, I collected materials on 8 companies answered “ introduced guarantees of returned goods” As a result, 6 companies answered “get support from customers” in 8 companies, so I found guarantees of returned goods work as external marketing to some extent. 3 companies answered “contribute raising employee’s morale” in 8 companies, so I found guarantees of returned goods work as internal marketing indirectly. But, all companies answered “unknown the relationship between the price index of stocks and guarantees of returned goods”, so I can’t found guarantees of returned goods work as social marketing or increase of enterprise value. Generally speaking, companies that make a good use of guarantees of returned goods from the strategic point of view, have principles of management, corporate culture, or strategy be based on customer’s satisfaction. Companies that regard short-term sales as important can’t introduce guarantees of returned goods. In the future, retailers that introduce guarantees of returned goods should pay attention next 4 important notices.
1. Retailers should make sure of their profit connected with guarantees of returned goods and pricing. Cost of guarantees of returned goods must be estimated reasonably, and, after that, must decide prices. 2. Retailers should make sure of channels that are distributed returned goods again. For example, preparation of outlet store network firm of the retailer. 3. At the start, retailers should introduce guarantees of returned goods partly, for example partial customers or partial goods. 4. In case of introduce guarantees of returned goods, retailers should announce considerably in expectation of signaling effect.
【Googleによる日本語訳】

小売業では、経営のためにさまざまなサービスが実施されており、顧客満足度は非常に高いと考えられています。具体的に言えば、年中無休、大量注文、小口注文の対応、最低価格保証、インターネットビジネスなど、店舗にとっては返品保証と同じように非常に重要なサービスです。これらのサービスは同時に実行されます。これらの厄介なサービスを実行した小売業者の一部には勝利があります。これらのサービスは、返品の保証と比較されます。
次に、私は返品の保証を守り、クラスに分けて例を挙げました。具体的には、「返済による保証と無償での保証」、「無条件の保証と条件付き保証」、「保証と保証」を比較しました。
私は返品保証の機能について3つの仮説を立てた。

1.返品の保証は外部の販売方法として働き、顧客数と販売数の増加に寄与する。
2.返品の保証は、社内のマーケティング方法として働き、従業員の満足度の向上に寄与します。
3.返品保証は、ソーシャルマーケティング方法として働き、企業価値の向上に寄与する。

これらの仮説を検証するために、私は企業に返品保証を行った。調査対象企業は、百貨店4店舗、販売店3店舗、海外メーカー3店舗、ダイレクトマーケティング小売店3店舗、合計17社です。また、「返品保証の導入」と回答した8社については、
その結果、8社で6社が「顧客からのサポートを得ている」と回答しているため、ある程度外部マーケティングとしての返品保証が認められました。 8社で3社が「社員の士気を高める」と回答したため、間接的に社内販売として返品保証を行っていた。しかし、すべての企業が「株価指数と返品保証との関係は不明」と回答したため、ソーシャルマーケティングや企業価値の増大などの返品保証はできませんでした。
一般的に言えば、戦略的観点から返品の保証をうまく活用し、顧客の満足度に基づいて管理、企業文化、または戦略の原則を持っている企業。短期売上を重要とみなす企業は、返品の保証を導入することはできません。
将来、返品保証を導入する小売業者は、次の4つの重要な注意事項に注意を払う必要があります。

1.小売業者は、返品と価格の保証と利益の関係を確認する必要があります。返品保証の費用は合理的に見積もられなければならず、その後は価格を決定しなければならない。
2.小​​売業者は返品された流通経路を再確認する必要があります。例えば、小売店のアウトレットストアネットワーク会社の準備。
3.小売業者は、当初、部分的な顧客や部分的な商品など、部分的に返品の保証を導入すべきである。
4.返品保証を導入する場合、小売業者はシグナル伝達効果を期待してかなり発表する必要があります。

【元となった日本語での論文要旨】

現代の小売業では、顧客重視型経営のためのさまざまなサービスが展開されている。具体的には、24時間営業年中無休体制、マス・カスタマイゼーション、小口対応、最低価格保証、インターネット販売等、返品保証と並ぶ現在の小売業を支えるサービスとなっている。これらのサービスの複合的な展開も登場している。手間とコストがかかるとため、敬遠されていたサービスを採用した小売業が「逆転の発想」で勝ち組になっている例が目立つ。これらのサービスと返品保証との対比も試みる。 続いて、返品保証制度自体に目を向け、返品保証制度の体系・類型化を試み、事例を紹介する。特に、①非キャッシュバック型の返品保証とキャッシュバック型返品保証との対比、②無条件保証と条件付保証との対比、③公開型の返品保証と非公開型の返品保証との対比を中心に行う。 返品保証制度の有する機能について3つの仮説をたてた。
(1) 返品保証制度は、エクスターナル・マーケティングの手法として機能し、顧客数・売上高の増加に貢献する。 (2) 返品保証制度は、インターナル・マーケティングの手法として機能し、従業員満足度の向上に貢献する。 (3) 返品保証制度は、ソーシャル・マーケティングの手法として機能し、株価・企業価値の増大に貢献する。
これらの仮説を検証するために、返品保証制度導入企業への調査を実施した。対象企業は、百貨店4社、外資系メーカーの直営店3社を中心に、専門店4社、量販店3社、無店舗販売小売業3社の計17社である。このうち、返品保証制度を導入していると回答した8社について詳細を取材した。 取材の結果、返品保証制度を導入または拡大した後、「顧客の支持が得られた」と回答する企業が8社中6社存在し、エクスターナル・マーケティング面での効果はある程度得られた。「従業員のモラールに好影響がある」と回答した企業は8社中3社存在し、間接的ではあるが、インターナル・マーケティングへの効果も見出すことができた。しかし、すべての企業が「株価との関係は不明」と回答しており、将来的な企業価値の拡大につながるという仮説は実証できなかった。 総じて、返品保証が戦略的に功を奏している企業には、当初から顧客重視型の経営理念、企業文化または経営戦略が存在する。短期的な売上偏重主義の企業は、返品保証制度を受け入れる土壌を持たない。今後、顧客重視を重んじる小売業が、返品保証制度を導入する場合、以下のような点に留意する必要がある。
(1) 返品保証制度と価格戦略の連携を図り、利益確保を図るべきである。返品保証制度により発生するコストを合理的に見積もり、価格を決めるべきである。 (2) 返品された商品を再度流通させるマーケティング・チャネルを確保するべきである。系列のアウトレットストアの拡充などが望まれる。 (3) はじめは、顧客層や商品を限定した上で、返品保証制度を導入するべきである。 (4) 導入を決定した場合には、シグナリング効果を狙って、大々的に告知するべきである。
【Google先生による私の日本語論文要旨の英訳】

In the modern retail industry, various services for customer-oriented management are being developed. Specifically, it is a service that supports the current retail industry as well as guarantee of return, such as 24 hours a day, 7 days a week, mass customization, small lot correspondence, lowest price guarantee, Internet sales etc. Complex deployment of these services has also appeared. Due to labor and cost, the retail industry that adopted the service that had been avoided was conspicuous in the winning group with “idea of ​​reversal”. We also attempt to compare these services with guaranteed returns.
Subsequently, we turn our attention to the return guarantee system itself, try to systemize and classify the return guarantee system, and introduce examples. In particular, we focus on (1) comparison between non-cash back type return guarantee and cash back type guarantee guarantee, (2) contrast between unconditional guarantee and conditional guarantee, (3) contrast between open type return guarantee and non-public type return guarantee .
We made three hypotheses about the function of the return guarantee system.

(1) The return guarantee system functions as a method of external marketing, and contributes to the increase in the number of customers and sales.
(2) The return guarantee system functions as a method of internal marketing and contributes to the improvement of employee satisfaction.
(3) The return guarantee system functions as a social marketing method and contributes to the increase in stock price and corporate value.

In order to verify these hypotheses, a survey was conducted on enterprises that introduced return guarantee systems. The target companies are 17 companies including 4 department stores, 3 directly managed stores by foreign-affiliated manufacturers, 4 specialty stores, 3 mass retailers and 3 non-store retailers. Among them, we covered the details of the eight companies who replied that they are introducing a return guarantee system.
After the introduction or expansion of the return guarantee system as a result of the interview, there were 6 companies out of the eight companies that said “Customer’s support was obtained”, and the effect on the external marketing aspect was obtained to a certain extent. Three out of eight companies responded that “employee’s morale is favorably affected”, and indirectly, we were able to find out the effect on internal marketing though. However, all companies responded that “the relationship with the stock price is unknown,” and could not demonstrate the hypothesis that it will lead to expansion of corporate value in the future.

Overall, for companies whose return guarantee is strategically successful, from the beginning there is a customer-oriented management philosophy, corporate culture or management strategy. Companies in short-term sales weight-devism do not have the soil to accept return guarantee systems. In the future, when retailers who place importance on customer emphasis introduce a return guarantee system, it is necessary to pay attention to the following points.

(1) Cooperation between returned goods guarantee system and price strategy should be aimed at securing profits. We should rationally estimate the cost generated by the return guarantee system and decide the price.
(2) You should reserve a marketing channel to circulate the returned items again. It is desirable to expand the series outlet stores.
(3) Initially, the return guarantee system should be introduced after limiting the customer base and products.
(4) If you decide to introduce it, you should announce it extensively, aiming at the signaling effect.

2016年12月22日

Google翻訳、三日会わざれば刮目して見よ

先日の「TIP*Sワイガヤサロン」で知ったのですが、「Google翻訳」のパフォーマンスが大幅に向上したそうですね。
従来、外国語での短い挨拶や日常会話には使えましたが、ちょっと長くて複雑なビジネス文書では、歯が立ちませんでしたよね。
今回のリニューアルで、従来の問題はかなり解消され、ある程度の複雑な文章も十分に訳せるようになったそうです。
半信半疑だったのですが、実際に、Google翻訳を試してみて納得です。
実験の手順は以下のとおりです(どなたでも追試していただけます)。

【元の日本語】→(英語に翻訳)→【翻訳結果(英語)】→(日本語に逆翻訳)→【逆翻訳結果(日本語)】→(英語に再度翻訳)→【再翻訳結果(英語)】→(再び日本語に逆翻訳)→【再逆翻訳結果(日本語)】

今回は、上記の文章をサンプルに使用してみました。
ただし、「TIP*Sワイガヤサロン」は「ビジネス雑談サロン(雑サロ)」に変更してあります。
「ビジネス雑談サロン(雑サロ)」が、どのように翻訳されていくのか見てみたかったのです笑!

では、やってみましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【元の日本語】

先日の「ビジネス雑談サロン(雑サロ)」で知ったのですが、「Google翻訳」のパフォーマンスが大幅に向上したそうですね。
従来、外国語での短い挨拶や日常会話には使えましたが、ちょっと長くて複雑なビジネス文書では、歯が立ちませんでしたよね。
今回のリニューアルで、従来の問題はかなり解消され、ある程度の複雑な文章も十分に訳せるようになったそうです。
半信半疑だったのですが、実際に、Google翻訳を試してみて納得です。
実験の手順は以下のとおりです(どなたでも追試していただけます)。

【翻訳結果(英語)】

I learned about the other day ‘Business Chatroom Salon (Miscellaneous Salo)’, but it seems that the performance of ‘Google Translate’ has been greatly improved.
I could use it for a short greeting in everyday language or everyday conversation, but with a slightly long and complex business document, teeth did not stand up.
With this renewal, the problem of the past was solved considerably, and it seems that it became possible to translate sufficiently complicated sentences to some extent.
I was half trusted, but in fact, I’m satisfied with trying Google Translate.
The procedure of the experiment is as follows (anyone can try again).

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか。

「Business Chatroom Salon (Miscellaneous Salo)」

なんか、かっこいいですね〜
「Miscellaneous」などという単語、初めて知りました。

では、この英語を日本語に逆翻訳してみましょう〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【逆翻訳結果(日本語)】

先日「ビジネスチャットルームサロン(雑多なサロ)」について学びましたが、「Google翻訳」のパフォーマンスが大幅に向上したようです。
私は日常の会話や日常会話で短い挨拶に使うことができましたが、ちょっと長く複雑なビジネス文書で歯が立たなかった。
この更新によって、過去の問題はかなり解決され、十分に複雑な文章をある程度翻訳することが可能になったと思われる。
私は半分信頼していましたが、実際にはGoogle翻訳を試してみて満足しています。
実験の手順は次のとおりです(誰でも再試行できます)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか。
文章は概ねマトモですね〜
デスマス調とデアル調が混在していますが、意味は通じますね。

ただし…「ビジネス雑談サロン(雑サロ)」は「ビジネスチャットルームサロン(雑多なサロ)」となって戻ってきました笑
「雑多」で申し訳ありません。

では、さらに、この日本語を、英語に、再翻訳してみましょう〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【再翻訳結果(英語)】

I learned about “Business chat room salon (miscellaneous salo)” the other day, but the performance of “Google Translate” seems to be improved greatly.
I was able to use it for short greetings in everyday conversation and everyday conversation, but my teeth did not stand out with a slightly long and complex business document.
With this update, the problems of the past were solved considerably, and it seems that it became possible to translate sufficiently complicated sentences to some extent.
I trusted half, but I’m really happy trying out Google Translate.
The experiment procedure is as follows (anyone can try again).

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい。
さっきと概ね、先程の英訳と一緒ですね。
ではここで、もう一度、この英語を、日本語に、逆翻訳してみましょう〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【再逆翻訳結果(日本語)】

先日、「ビジネスチャットルームサロン(雑サロ)」について学んだが、「Google翻訳」のパフォーマンスは大幅に向上しているようだ。
毎日の会話や日常会話で短い挨拶に使用することができましたが、私の歯はやや長く複雑なビジネス文書で際立っていませんでした。
今回の更新により、過去の問題はかなり解決され、十分に複雑な文章をある程度翻訳することが可能になったようです。
私は半分を信じていましたが、Google翻訳を試してみるのは本当にうれしいです。
実験の手順は次のとおりです(誰でも再試行できます)。

ーーーーーーーーー

いかがですか???
すごいですね!!
かなり意地悪なことをやっているんですが、合格点ではないでしょうかね。

なんと! 「雑多なサロ」が「雑サロ」に戻ってきました(@_@)
学習したのか???

ただし、「歯が立たない」といった慣用的表現・比喩的表現は、まだ、理解できないようですね。

それでも、十分に実用になることは確認できました。

スマホの音声入力モードで使うと、その便利さを実感することができるそうです。なんと! 翻訳結果を音声でアウトプットしてくれるそうです。
これも試してみたいですね。

「男子三日会わざれば刮目して見よ」という表現は二重の意味で間違っていますね。

① 男子に限らず、女子に対してもいえるという点
② 男子・女子というより、人工知能(AI)に対してこそふさわしい表現である点

というわけで。
今日のまとめ。

「Google翻訳、三日会わざれば刮目して見よ」

2016年12月22日

またまた「無敵のプレゼンテーション」

本日は、先月に引き続き、「TIP*Sワイガヤサロン」において、

『無敵のプレゼンテーション』

をテーマに、雑談を楽しんでまいりました。

1.興味喚起のための方法
==============

最初の話題は、

「聴く耳を持たない聴衆の前で話をする際、どんな点に留意すればよいか」

という内容でした。

多くの方が一度は直面したことのある立場。
難しいですよね。

いろいろな方法が考えられると思うのですが、私の場合、

「事前アンケート主義」

を徹底することでリスクを最小限に食い止めています。

きっかけは、以前に大先輩のコンサルタントから、

「講義の後、アンケートとってるの? 逆だろう。講義の前にアンケートとればいいのに。そうすれば、コケることないのに…」

と伺ったという経験。

確かに笑 そりゃあそうですよね。
講義が終わった後で、アンケートとったって、”後の祭”。
とるなら、先にとってしまい、それを活かしたほうがずっと生産的ですよね。

別に紙のアンケートでなくてもいいわけです。
可能なら、受講する方全員に事前面接すべき。
できることなら、それがベストです。

もちろん、時間的・予算的制約な問題で、実際にはそこまでできない場合のほうが多いのですが、理想に近づける方法はいくらでもあるはずです。

先日、友人が、Facebookに

「講義中にスマートフォンで質問を受けつけ、それに対応する」

という方法を書き込んでいらっしゃいました。

試しにやってみると、結構反応はあるものです。

日本人は、講義・講演の途中で、

「質問はありますか?」

と投げかけても、なかなか手をあげてはくださいません。

そのわりに、終わった後でアンケートを拝見すると、

「もっと聞きたいことがあった」

などと書かれていたりしてがっかりすることがありますよね笑

ですが、スマホを使ったリアルタイムでの質問受付方式にすれば、この問題は原理的に起こり得ないわけです。

プレゼンテーションの事前準備とは、何も、パワーポイントの校正作業だとか、原稿の下読みだとか、内容の暗記だとかを指すわけではないですよね。

「プレゼンは、事前調査に始まって、事前調査に終わる」

くらいの気持ちでよいのではないかと思います。

2.短く話すほうが難しい
==============

「人は短く話すほうが難しい」という点についても議論になりました。

「30分話してね」といわれると、「え? そんなに話せません」という方は多いですが、実際には、「5分で話してね」といわれるほうがよほど難しい…本当はそうなんですよ。

散文詩なら書こうと思えば私でもかけると思いますが(下手ですよ)、短歌だの俳句だのになると、その難易度はずっと上がりますよね。

何事も、短くまとめるのは難しいことです。

ところが、講義・講演を含めて、プレゼンのリハーサルは、概して、

「長い場合」

には熱心に行われますが、

「短い場合」

には手を抜かれることが多いですよね。

これも矛盾ですね。
本来、「5分」「3分」「1分」でそれなりにしゃべるほうが難しいはずです。

そもそも。
3時間ものの講義を、何度もリハーサルしなければできないということであれば、講義そのものをその人が行うことに無理があります。

何度かリハーサルしてやっとこさ話せるレベルということは、とても、講演者・講義者として、適当だとは思えませんよね。

話を元に戻すと、

「短い時間制限のスピーチほど練習しておけ」

ということになるのでしょうね。

3分スピーチだったら、10回やっても、30分で済みますしね。
そのほうが合理的ですね。

3.自己紹介の是非
==============

今日は、この他、

「アイスブレイクの方法」

についても議題になりました。
具体的には、

「自己紹介をしてから入るべきか、そのままコンテンツに入るべきか」

…といった問題です。

意見が別れたところです。

ま、このあたりは、状況次第というところもありますよね。

私の場合、講義冒頭で自らの

「趣味」

の話に触れるのは、講義中、

「最低でも1回以上休憩がある場合」

と決めています。

講師が趣味の話をしておくと、休憩中などに、それをきっかけに話しかけてくれる受講者の方が必ずいます。

もちろん、趣味はきっかけに過ぎず、その後、講義内容についての質疑応答や議論になるわけです。

これがありがたいんですよね。
休憩明けは、その質疑応答や議論の内容から入っていくと、同じような疑問や感想を持っていた他の受講者の方々が、共感し、シンクロしてくれるからです。
休憩明けの講義・講演が非常にスムーズに入っていくことができるのです。
休憩中の質疑応答や議論が、いわゆる「ブリッジ」の役割を果たしてくれるわけですね。
そのブリッジを作り出してくれるのが、「趣味」の話なわけです。

もっと長いスパンのシリーズ研修等の場合も同様です。
趣味や前職のエピソード、家族がスポーツの話等、ある程度、プライベートな話をしておいたほうが、より多くの方との距離を近づけることができます。
いわゆる心理学でいうこところの「自己開示」という技法の一種に該当するのでしょうね。

4.戦略的他己紹介ノススメ
==============

さて。
今日、友人からアイディアをもらって、

「ああ、なるほど」

と思ったのは、

「他己紹介」

の活用法です。

今日の今日まで、他己紹介というと、なんとなく、研修中に行うアイスブレイクやゲームのようなものだ…と思いこんでいました。

でも、そうではないんですよね。

講義や講演が始まる前に、研修企画者・主催者の方から、

「なぜ今回竹永さんに講義をお願いしたのか、その理由を話しますね。実は彼…」

という具合にしっかりと紹介されていれば、メインの話し手である私へのバトンタッチはこれまたたいへんスムーズなものになります。

今日、この会合に、私を呼んでくださった趣旨、私の話の中でも特に注意して聴いてほしいほしいポイント、以前に私の話を聞いた時にどんなところが印象に残っているか、等々…

企画担当者や主催者の方の口から直接話していただくことで、聞き手の皆さんのモチベーションを高めていくことができるわけです。

一種の予告編ですね。

職歴だの肩書だの経歴だのを話していただくのではなく、今日ここで私が話すことの

「意義」

を含めながら、紹介していただく…というスタイルです。

私自身が申し上げてもいいのですが、どうしても、自分で自分の話をすると、

「手前味噌」
「お手盛り」
「自慢話」

だと思われがちですからね。

企画担当者・主催者の方にやってもらうのがベストだと思います。
これぞまさに、

「戦略的他己紹介」

とでも呼ぶべき方法ではないかと思います。

 

この他にも、

① 作成する資料は、文字がぎっしりと詰まった「コンサル型」がいいのか、イメージ図だけが描かれている「ジョブズ型」がいいのか
② 聴衆にレベル差がある場合、同対応したらいいのか
③ 外国人に対するプレゼン、どんなところに気をつければいいのか

等々。
わずか2時間のうちに、興味深い議題が次々と出てまいりました。

このテーマ。
また、やりたいと思います。
ハナシノタネはほんっっっっっとうにつきないですね。

2016年12月20日

リーダーシップの遍在性

偏在じゃあなくて、遍在のほうです。

ユビキタスのほうです。

明日・明後日と、クライアントのマネジャーの皆さんと缶詰合宿研修なのですが、その事前課題図書を読み返していて、なるほどと思ったのが、この点。

たとえば、自転車に乗れるようになったのは、父母のおかげだったりしますし、不登校から立ち直ったのは担任の先生の一言だったりしますよね。

新製品のアイディアがポンとでたのは、課長にご馳走になった晩酌の場だったり、新規顧客が獲得できたのは、先輩の励ましの一言だったりする…

父母に教師。
酔っ払った課長に、ちょっと年上の先輩。

彼らは必ずしも高度なリーダーシップ理論の実践者でもなければ、研究者でもなかったわけです。

にもかかわらず、結果として、その場その場において、フォロワーをリードし、適切なリーダーシップを発揮していたことになります。

つまり。
リーダーシップというものは、特殊な能力ではなく、世の中のどこにでも散らばっている=遍在性の高い能力なのです。

顕在化・明在化されていなくてもいい、いや、むしろ、潜在的・暗黙的な存在の方がよいのかもしれません。

統計をとったわけではないですが、人生の中で、私が受信したリーダーシップの8割は、暗黙的リーダーシップだったのではないかと思うのです。

顕在2割、暗黙8割。

ですから、

「彼は優れたリーダーシップを発揮しています」

といったよくある評価的な表現は、2割に過ぎない顕在型リーダーシップについてのみ語られている情報に過ぎないのかもしれません。

世の中全体のリーダーシップの2割に過ぎない顕在型リーダーシップの是非に目を向けるのではなく、組織内のそこここに遍在する、そして、世の中のリーダーシップ全体の8割を占める暗黙的リーダーシップの底上げに磨きをかける方がずっと効率的なのかもしれませんね。

今世紀初頭において、リーダーシップの世界的権威である「ザ・センター・フォー・クリエイティブ・リーダーシップ(CCL)」が、

「今日では、リーダーシップは、個人能力ではなく、組織能力である」

と、定義した理由もわかる気がします。

リーダーシップは、一部の天才、エリートやカリスマ、企業のトップやマネジャーだけが保有しうる特殊能力ではなく、市井の誰もが持っている普通の能力なのでしょうな。

そうえば、田中芳樹の『銀河英雄伝説』で、ヤン・ウェンリーが

「英雄など、酒場に行けばいくらでもいる。その反対に、歯医者の治療台にはひとりもいない。まあその程度のものだろう」

と言っていたのを思い出しました。

ううむ。
なるほど。
リーダーシップは「歯医者の治療台」にも遍在するのか…
こりゃ、研究が必要ですな(^^)

2016年12月6日

ホワイトボードの地図と地球儀があったらなあ

私はけっこう白地図ヲタクでして。

子供の頃、まだコピーが高価だったので、当時、製図関係の仕事をしていた父に頼んで、会社で大量に白地図をコピーしてもらっていました。
それに川だとか山脈だとかを書き込んで遊んでいたわけです。

これを大人になった今も気兼ねなくやりたい!

で。
ふと思ったんですが、ホワイトボードマーカーで自由に書き込みのできる

「世界地図」と「日本地図」

って、ないものですかねえ(@_@)??

営業戦略、拠点戦略といったビジネスでの使用のほか、地理や歴史の学習にも使えると思うんですよね。

「日本軍はこういうルートを通って中国に進出し‥」

といった会話を、ホワイトボード上で行う。

すぐ消せますからね。

「でもね。三国干渉があったから、こことここはすぐに変換しちゃったわけですよ」

と、イレーサーで消してしまうことができるわけです。

「モンゴル帝国の最大版図を囲ってみよう」
「この川の名前は?」
「シルクロードとナイル川…どっちが長いかなあ」
「十字軍の軌跡を書き込んでみようよ」

理想的には、直径1メートルくらいの

「地球儀型ホワイトボード」

があるとおもしろいですね。

「どこに置くんだ??」

というのは言いっこなし笑!

あ!
バランスボールが兼ねられるようにしてお行けば、随時、リビングで座って、体幹を鍛えられるわけですよ!

どうですか??

文武両道のホワイトボード地球儀兼用バランスボール
なんと名付けようか…

「ホワイトアース」
いいな。

”俺”¥なら100個は買うな 笑

2016年12月3日